「法人向けメンタルヘルス ヨガ」はボディ・マインド・バランスへ。メンタルヘルス セルフケア研修、管理職研修、企業講習、講師派遣<東京/神奈川/千葉/埼玉>

メンタルヘルス4つのケア

人事向けメンタルヘルス用語集

メンタルヘルス4つのケア

メンタルヘルス4つのケアとは、厚生労働省が2000年に発表した「事業所における労働者の心の健康づくりのための指針」の中で、事業所が行うべきと定めた4種類のケア、「セルフケア」「ラインによるケア」「事業所内産業保健スタッフなどによるケア」「事業外資源によるケア」のことです。

「セルフケア」とは、会社は従業員に自分でできるメンタルヘルスケアの知識を与えてその実行を勧めなさい、ということ。組織ではなく個人が自分の内部環境を改善することで、メンタル・タフネスを向上させようとすることです。

「ラインによるケア」とは、会社は管理職の人にメンタルヘルスの教育をしなさいということ。会社が管理職の人を教育して、部下がメンタルヘルス不調にならないような職場環境づくりと、もしもなってしまった時の早期発見の両方をできるように指導しなさい、ということです。

「事業所内産業保健スタッフなどによるケア」とは、会社の産業医や保健士さんとメンタルヘルス対策の体制をつくって、メンタルヘルスの相談機能、職場環境の評価と改善などに協力してもらいなさい、ということです。

「事業外資源によるケア」とは、会社の外にいるメンタルヘルスの専門家にも必要に応じて支援してもらいなさい、ということです。

ボディ・マインド・バランスは、事業外資源のメンタルヘルスの専門家として、「法人向けメンタルヘルス ヨガ」を企業に提供しています。セルフケア研修、講習、セミナーとしての【セルフケア呼吸体操研修】、継続的な社員のセルフケア実施で効果をあげる【オフィスに出張「セラピー ヨガ」クラス】。企業のメンタルヘルス施策を「早期発見」から「予防」へ進化させる施策として、大変効果的です。

PAGE TOP
Copyright © 株式会社ボディ・マインド・バランス All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.