「法人向けメンタルヘルス ヨガ」はボディ・マインド・バランスへ。メンタルヘルス セルフケア研修、管理職研修、企業講習、講師派遣<東京/神奈川/千葉/埼玉>

イラショナル ビリーフ

人事向けメンタルヘルス用語集

イラショナル ビリーフ

イラショナル ビリーフ(irrational belief=非合理思考)とは、簡単な言葉にいいかえると、「思いこみ」や「考え方のくせ」のことで、「自動思考」とも呼ばれます。

代表的なイラショナル ビリーフは、「みんなに好かれなくっちゃ!」です。合理的に考えると、どんな人でも「全員」に好かれることは困難です。そこで合理的な考え方、例えば「なるべく多くの人に好かれるといいな。」に置き換えるようにします。この他にも「仕事には常にベストを尽くすのが当たり前」「頼みごとを断ってしまったら、相手との関係は壊れてしまう」などもイラショナル ビリーフの例です。

人にはそれぞれ考え方のくせがあるので、まずは自分が普段陥りやすいイラショナル ビリーフに気づき、それを修正する“訓練”が大切です。この“訓練”に役立ついい方法があります。それは「本当にそうですか?」「いつもそうですか?」と自分自身に質問することです。

「仕事には常にベストを尽くすのが当たり前。」→(いつも?)→「人間にはベストをつくせない時もあるよね。」、「頼みごとを断ってしまったら、相手との関係は壊れてしまう。」→(本当に?)→「この件については、こう説明してお断りしたら、理解してくれるかもしれない。」という具合に、少しずつ修正の訓練を行います。

イラショナル ビリーフは、ストレスを増幅する原因になります。同じ外界からの刺激(ストレッサー)を受けても、イラショナル ビリーフを修正することでより「しなやかな認知」ができるようにして、自分のメンタル耐性を上げていくことが大切なのです。

PAGE TOP
Copyright © 株式会社ボディ・マインド・バランス All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.