腰痛には“3本足”で歩くと、とてもいいんですよ!

とは言っても…。
人間には、足は2本しかありません!
3本目の足って何でしょう?

それは尾骶骨(びていこつ)から長く伸ばした尻尾(足)の
イメージのことです。

試しにイメージしてみましょう。
背筋を正して、尾骶骨から尻尾をイメージして、長く伸ばしてください。
その尻尾、今どの方向に伸びていますか?

もしも背側に反り上がるように伸びていたら、
反り腰の癖がある方かもしれません。
お腹の筋肉で姿勢を保持できていない証拠ですね。

腰痛対策には、尻尾を「真下の地面に、長く突き刺す」ようにイメージします。
  
慣れている方は、上記のようにイメージすると、
おへその下の腹の奥や、骨盤の底が
かすかに締まってくるのを感じられかもしれません。

もしも感じ取れなくても、
上記のようなイメージをすると、
お腹の奥のインナーマッスル(腸腰筋)と骨盤底筋を使って
姿勢を保持することができます。

インナーマッスル腹筋群を使えるようになると、
腰に負担がかからず、腰痛予防にとても効果的なんです♪

ちなみにこの筋肉、一般的な腹筋運動で鍛える
アウターマッスルの腹筋(腹直筋、腹斜筋等)とは異なります。
(アウターマッスルは、姿勢保持にはあまり働いてくれないので。。。)

インナーマッスルは「遅筋」の集合体で、
“小さな力”を“長時間”保持できる姿勢保持筋です。

だから、「かすかに」くらいの刺激で大丈夫。

でも「長時間」なので、イメージを使って生活の中に
組み入れていくのがお勧めです。

立っている時・歩いている時は、
尾骶骨から伸びた長い尻尾(足)が
左右の足の間に、まっすぐ地面に踏んばっていて、
3本足でしっかり立っている/歩いているイメージで。

座って仕事をしている時には、
尾骶骨から伸びた長い尻尾が
まっすぐ椅子下の地面に刺さっているイメージです。

いつも“3本足”で生活するイメージをして、
インナーマッスルを育て、姿勢を保持できる筋肉を育てると、
腰痛になりにくい体をつくることができます☆。

腰痛が気になる方は、どうぞ試してみてくださいね~~(^O^)/