伝統的なヨガでは、
「新しいものを取り入れられるように、ちゃんと空になれますように」
とレッスン前にお祈りすることがあります。

新しいものを獲得するには、空のスペースを確保する必要がある、
と考えるんですね。

だからヨガのポーズで、
カラダの中にある、凝りや“詰まり”を取り除いて、
古いもの、要らないものを手放していく。

そして空のスペースを用意してあげると、
自然に新しいもの、自分にとって必要なものがやって来る。

カラダの中をヘルシーに循環させる、という考え方です。
これはヨガマットの上だけでなく、
日常生活でも当てはまります。
 
例えば、大掃除で要らないものを捨てて、
家の中のモノが減ると、精神的にもスッキリしますよね。

この状態をキープできればいいのですが、 
1年たつと、何故かモノがまた増えていて、
クロゼットの中はいつもギュウギュウ…
なんてこともあるかもしれません。

私は最近「1つモノを買ったら、1~2個モノを捨てる」ルール
で生活しています。

例えば、先日脚の長いアイロン台を購入したのですが、
その時に、いままで使っていた脚の短いアイロン台と、
そのアイロン台を収納する場所にあった、
2年以上使っていないコード式の掃除機の2つを捨てました。

新しい服を1つ買った時は、
あまり着ていない服を1つ選んでリサイクルに。

食料品などの消耗品は別ですが、
それ以外のものを買った場合は、買ってきたものをしまう時に、
処分するものを1~2個以上選んで外に出します。

これを「ルール化」してしまっているので、
モノは増えようがありませんし、
買う時も以前より慎重になって、衝動買いもなくなります。
 
新しい物をまったく買わない、でもなく、
古く使っていないものを貯めこむ、のでもなく、
新しいものが入ってきて、古いものが出ていく、
「家の中のモノを循環させる」という考え方。

その循環の中では、
あるものは数か月、あるものは数十年、
いずれにしても限られた時間だけ、私の家に一緒にいてくれます。

すると、モノたちに対して
感謝と愛情の気持ちが生まれて、より一層大切にする気がします。
処分する時も「今までお世話になりました。ありがとう」と
感謝を込めて手放すことができます。

そしてモノが減ってくると、
以前をモノを置いていたスペースを空けることができる。
その何も置いていないスペースも、精神的にとても大事。

モノをギュウギュウに詰め込まない、スペースを開けて風通しをよくしておく。
 
部屋の中も、カラダの中も、おんなじ。
滞りをとってスペースを空けると、
とてもヘルシーになる気がします。
 
気になった方は、どうぞ試してみてくださいね☆
 
日々の生活の中で、健やかに暮らせるといいですね~(^o^)/