職場環境向上、パワハラ防止などの文脈で
「アンガー・マネジメント」教育を行う職場が増えています。

怒りが起きた時に、反射的な行動をとることを抑える
「6秒ルール」などが有名で、
怒りのコントロール法として学ぶことが多いようです。

しかしコントロール(制御・抑制)は
あくまでも怒りが起きた時の「対処法」であり、
怒りが起こる原因そのものを減らすことはできません。

特に人間の感情は、制御・抑制でフタをすると
圧力が増して、そのエネルギーが貯めこまれるだけ。

溜めん込んだエネルギーはいずれ爆発するか
その人の心や体を蝕んでしまいます。

そこでアンガーマネジメントで一番重要なのは、
怒りの原因そのものに働きかけること。

怒りの原因に働きかけることで
怒りっぽい人は、怒る量を減らし、
怒りを自分の内側に貯めこんでしまう人は
自分の心身が蝕まれる前に
怒りをリクエストの形でおだやかに表現できるようになります。

その時に大事なのが
自分の「怒りの地雷」が何かを知ること。

「怒りの地雷」とは、それが起こると
自分がムッとしたり、かっとなったり
衝動的な怒りが湧いてきやすい状況のことです。

この「怒りの地雷」は、一人一人異なるため、
自分がどんな状況で怒りが湧いてきやすいかを
セルフチェックで、知っておくことがとても大切。

例えばAさんは、上から高圧的にものを言われると
ムカッとしますが、
Bさんは同じ状況でもあまり気になりません。

逆にBさんは、自分の話をうわの空で聞かれると
ムッとしますが、
Aさんは同じ状況でもあまり気にならない、
といった具合です。

自分の「怒りの地雷」を知ることは
なぜその状況が、自分に怒りを生ませるのか、
その原因を掘り下げていく作業になります。

その原因が分かると
怒りの下にある自分の本当の感情を知ることができ、
その感情を受け止めてあげると
もうそれまでのように、怒らなくて済むようになります。
 
いろいろな対処法に頼って
怒りの感情を押さえつける必要もなくなるんですね。

対処法だけではなく
怒りの原因そのものに働きかけていくこと。

これがアンガーマネジメントの
大きな効果を生むアプローチなのです。

最近アンガーマネジメントの本を読むと
対処法のみに終始したものも多く、大変残念に思います。

アンガーマネジメントを学ぶときは
心の奥底にある怒りの原因にもきちんと
フォーカスした研修がお勧めです。

上記の「怒りの地雷」は数パターンあります。

自分がそのうちのどれに当てはまるか、
自己診断シートでチェックし、
その地雷を撤去していく方法をしっかり学べるのが、
弊社の法人向け集合研修
アンガー・マネジメント研修」の特徴です。

講習では理論だけでなく、グループ・ワークショップ形式で
実際に一つ一つのステップを体験しながら学ぶことができます。

他にも「対人コミュニケーション研修」や「セルフケア呼吸体操研修」、
管理職が最低限知っておくべき「ラインケア研修」など
各種法人向けメンタルヘルス研修やストレスマネジメント研修の
メニューをご用意しております。

主なメニューはこちらからご覧いただけますので、
自社の従業員のための教育研修をお探しの方はどうぞご参照ください。