新型コロナウイルスの影響で
在宅勤務、テレワークを始める企業が
急速に増えています。

これまでに経験したことのない、
長期にわたる自宅勤務と外出自粛。

この時浮上してくる課題の一つが、
社員従業員のメンタルと
仕事へのモチベーションを
いかに維持していくかです。

テレビ会議、ウエブ会議、
スカイプ、Zoom、ビデオチャット
従来の通話、メール、SNS…。

使える機器は積極的に使って
こまめに連絡を取ることで
社員従業員が孤立感を感じないようにすること。

そして仕事の進捗や業務連絡以外にも
一見不要に見える「おしゃべりタイム」を
意図的に数分程とって、
相手の健康状態をチェックすることが
とても大切です。

たとえば上司が部下と話す時は、
「巣ごもりで気が滅入るよね~。そっちはどう?」
「ウチは小さい子供がいるから仕事に集中しづらくてさ~。
そっちは今、何が一番辛い?」
など、お互い少し愚痴を言い合ってストレスを解放させつつ、
特に部下の愚痴を引き出すことで
本人の困り具合やメンタルの健康状態をチェックしておきます。

そして必要な場合は、人事や健康管理室などのサポートに
「早期に」結びつけることが、とても大切です。

毎日会社で顔を合わせていれば
相手の変化に気づくチャンスも多いですが、
テレワークや自宅勤務の場合は、
そのチャンスを逸してしまうリスクが
とても高くなるためです。

普段以上に、相手の健康状態を意図的に
そしてこまめに、チェックすることが求められます。

また業務連絡やウエブ会議以外にも、
ライブ配信型のwebセミナーなどで、
ライブで、双方向で、
お互いの感情や意識をシェアすることも
社員従業員のエンゲージメントには
とても効果的です。

弊社のメンタル研修ヨガレッスン
すべてライブ配信型のwebセミナーとして
受講していただくことができます。

詳しい研修やヨガの内容は
こちらからご覧ください。

この特別な状況下でも、
コロナストレスに負けずに、
メンタルの健康とモチベーションを損なわないために、
できることは、たくさんあります。

様々な工夫で、
この困難な時を乗り切っていきましょう!