ワークエンゲージメント(ワークエンゲイジメント)
という言葉が、昨年の労働経済白書に取り上げられてから
急速に広まってきました。

ワークエンゲージメントとは、
仕事に関連するポジティブで充実した心理状態のことで、
ユトレヒト大学のシャウフェリ教授が提唱したもの。
従業員の仕事に対する活力、熱意、没頭の3つを
向上させることが、健康的な組織経営に重要とされています。

これまでの組織経営でも重視されてきた
「従業員のモチベーション向上」と似ていますが、
あらためてワークエンゲージメントという概念が
広まっているのはなぜでしょうか?

学術的には「ワーカホリック」の概念と区別したこと、
測定値を設けたことなどがありますが、
社会的に広まってきた理由は、次の2つが考えられます。

(1)マイナス面だけでなくプラス面に注目

これまで職場では、
過重労働などのストレスの原因、
つまり“マイナス要素”を減らすことに
重点が置かれていました。

一方、ワークエンゲージメントでは
従業員の活力、熱意などの
“プラスの要素”を増やすことで
心身の両面の健康を増進すると同時に、
仕事のパフォーマンスも向上することが
報告されています。

ストレスがゼロの職場はありませし、
またストレスが高い職場でも
従業員のワークエンゲージメントを高めることで
心身両面の健康を維持し、
仕事のパフォーマンスを上げられる、
という研究報告と考え方は広く取り上げられています。

(2)人事教育と健康管理の融合

たとえば、単純な業務研修であっても、
業務に役立つ知識を得ることは、
仕事の成功率を高め、自己効力感を高めるため、
従業員のワークエンゲージメント向上につながります。

一方、健康管理につながる
管理職向けのメンタルヘルス研修で学ぶ内容は、
メンタル不調の部下への対応だけでなく、
他の部下の活性化や、チーム全体の生産性向上にも
とても役立つスキルなので、
これもまたワークエンゲージメントを高めます。

このように
組織活性化のための従業員の能力開発教育と、
健康管理のためのメンタルヘルス教育は
これまで別々に捉えられ、行う主体も別でしたが、
「健康経営」の下に、一部統合される潮流があります。

従業員研修でも、「ストレスマネジメント研修」を
従業員の能力開発の「スキルアップ研修」として位置づけて
対人コミュニケーション法やセルフケア法を
学ぶという方法(またはその逆)もあります。

いずれも大切なのは、教育研修の中に、
自己の能力開発とストレスマネジメントの
2つの視点を盛り込むこと。

従業員がイキイキと働ける、
仕事のパフォーマンスが高い組織づくりのためには、
マイナス面とプラス面、
両方への施策が大切だということを
改めて整理してくれたのが、
ワークエンゲージメントという概念なんですね。

弊社では、管理職のパワハラ予防のための「傾聴法/アクティブリスニング」、
怒りをコントロールする「アンガーマネジメント研修」や、
全従業員を対象にした「アサーション」が学べる「対人関係コミュニケーション研修」、
ストレス環境下に負けない心を育てる「マインドフルネス研修」、
実際に体を動かして学べる「セルフケア呼吸体操研修」など、
企業団体向け研修のメニューを各種取り揃えています。

理論講義だけでなく、
「具体的なツール」とロールプレイの
「実践ワーク」を含む構成で、
深く”実感しながら”学べるのが特徴です。

代表的な研修メニューはこちらからご覧いただけますので、
自社の従業員にも学んでほしいとお考えの方は、
どうぞお気軽にお問い合わせください。