先月は「後ろ足」を意識して歩く、
というお話をしましたが、
「体の後ろ側を意識する」シリーズ第2弾、
今月は「肩甲骨を鉄棒にかけるイメージ」です☆
 
肩コリ・首コリ予防に役立ちますよ。(^o^)/

椅子に背を伸ばして座って、さっそく試してみましょう!
 
左右に伸びた鉄棒のバーが
肩甲骨のちょうど一番下あたりに触れていて、
そのバーに「よいしょ」と
肩甲骨を引っ掛けて休むイメージをしてみると…。
 
肩甲骨がお尻の方に自然に引き下げられて、
肩の前面が開きます。
 
首の前側の筋肉も気持ちよく伸びてきます☆
 
長時間パソコン作業をしていると
つい肩が上がり気味になって
「いかり肩」になってしまいますが、
この姿勢を長く続けていると、
肩と首の間の筋肉が縮まったままで、
首コリ&肩コリの原因にもなってしまいます。
 
それを防ぐために、
この「肩甲骨を鉄棒に引っ掛ける」イメージは
とても効果的。
 
肩・首の筋肉を、気持ちよ~く伸ばしてくれますよ♪
 
注意点は、このイメージの時に腰を反ってしまうと
効果半減、腰にも負担がかかるので、
腰の反りを防ぐために、
尾骨=尾骶骨から尻尾を地面に長く伸ばすイメージも
加えましょう。
 
そこからさらに、みぞおちを軽くひっこめて、
首の後ろ、うなじを上下に長~く伸ばすようにイメージすると…
はい、よい姿勢のできあがりです!
  
背を伸ばして椅子に座った姿勢でも、
立った状態でも、
どちらでもできますよ♪
 
まとめてみると…
①肩甲骨を鉄棒に引っ掛けて
②尻尾を真下に長く伸ばし
③みぞおちを軽く引っ込めて
④うなじを上下に長く伸ばす
イメージです!
 
そう、イメージだけなのに、
「いかり肩」が矯正されて
自然によい姿勢になりますよ♪
 
①と②だけでもOKなので、
肩コリ・首コリが気になる方は、
気がついた時に試してみてくださいね☆
 
日々の生活の“すきま時間”で、、
自分のカラダを上手に整えられるといいですね~(^o^)/