情報の多くがネット上で手に入る時代、
リアルの体験、リアルの体感が
貴重で価値があるものとして
一層重視されるようになってきています。

特に感覚、「五感」を充分に使って生活すると
ストレスを減らすのに役立つことが知られていますが、 
この5つの感覚をバランスよく使って
生活するのは意外と難しいもの。

視覚と聴覚は、過剰なほどバーチャル情報で刺激され続け、
味覚も日々の食事で満たされているのに対し、
残りの2つ、触覚と嗅覚はどうしても忘れがちに
なってしまうからです。
 
ヨガではポーズや動きで体の中の触覚を刺激し、
アロマの香り(弊社レッスンでは必ず使います)で
嗅覚を思い起こさせます。
 
触覚は通常は自分の体の外にあるものに
接触した時の感覚のことですが、
体の中にも同様のものがあります。

例えば深呼吸して、今外気が肺の奥まで入ってきたなとか、
今この筋肉が今伸ばされて気持ちいいな、
といった感覚も、とても触覚に近いものです。
 
触覚も嗅覚も、「ヒト」として重要な感覚。
ヨガをした後に、とてもホッとしたり、
懐かしいような、戻ってきたように感じる方が多いのは
このせいもあるのかもしれません。

バーチャルの時代だからこそ
「ヒト」の生き物としての感覚の大切さに
無意識に気づき始めているのかもしれませんね。

ヨガでなくても、例えば道端に花が咲いていたら
見るだけでなく匂いを嗅いでみる、触ってみる。

日常生活の中で、香りや感触を楽しむ機会を増やすだけで
ストレスが減って、生きている実感が湧いてくると思います。

視覚と聴覚以外の感覚も十分に使い
「五感」を満たして生活をする、ということ。

気になった方は、どうぞ試してみてくださいね~(^o^)/